プラスエナジーハウスについて

南葉山カンパニーハウス

南葉山プラスエナジーハウス 基礎配筋 と 土台敷き

 

南葉山プラスエナジーハウスの基礎の骨組みをつくる 「基礎配筋」です。

 

こちらは南側(海に向かう眺望)の基礎配筋の立ち上がり部分です。

南側は傾斜地のため、かなりの高さで立ち上がっているのが分かりますね。

 

 

 

 

こちらはテラス側の型枠のサポートです。

 

 

テラス部分の型枠のサポートです。

 

1階部分の基礎配筋です。

 

 

そして基礎の上に土台敷きをします。

基礎パッキンを取り付けて、ホールダウン金物をしっかり取り付けます。

 

 

その上に土台になる木材を置き、アンカーボルトで確実に固定します。

 

 

ホールダウン金物に柱を立てて、ピンで固定します。

 

 

 

 

 

 

このページのTOPへ