プラスエナジーハウスについて

南葉山カンパニーハウス

新築ながらエイジングの雰囲気が味わえる塗装材、ヤーンビットリオール

 

 

 

南葉山プラスエナジーハウスの外壁は杉材が使われています。
この杉材に、既に経年変化を経たような味わいが持てる塗装材「ヤーンビットリオール」を塗布しました。

 

 
左が塗布前のもの、右が塗布したものです。

 

スウェーデンをはじめとした北欧で人気があり、よく使われているそうです。

 

 
新築ながら落ち着いた味わいを醸し出すのにぴったりです。
また、塗布すれば今後、日焼けのムラなども気にならなさそうですね。

 

 
完全水溶性で、水に溶かして外壁材に刷毛で塗布します。拭き取りは必要ありません。

 

 

 

 

追記 2013年7月

 
ヤーンビットリオールが塗布された外壁完成図です↓

 

 

長年そこに建っていたかのような、リアルエイジングカラーが楽しめます。

 

このページのTOPへ