プラスエナジーハウスについて

i邸のプラスエナジーハウスブログ

新潟プラスエナジーハウス I邸 付加断熱工事

 

今日の新潟プラスエナジーハウス I邸です。

合板が家全体に貼られました。

 

通常の家だと、このあとすぐに外壁工事となりますが、プラスエナジーハウスI邸はこの後、付加断熱工事が行われます。

IMG_2031

 

施工されたのはスタイロフォーム。押出発泡ポリスチレンフォームの断熱材・保温材で、熱を伝えにくい特長があります。

付加断熱で家全体を覆うので、いわゆるヒートブリッジ(熱橋)*の対策が可能となります。

IMG_2053

 

 

*熱橋(ヒートブリッジ)とは

構造部材、下地材、窓枠下材その他断熱構造を貫通する部分であって、断熱性能が周囲の部分より劣るもの(国土交通省 資料より)

I邸基本情報

家族構成:
5人家族
(ご主人、奥さま、お子さま3人)
場  所:
新潟県内に新築
仕  様:
2階建木造軸組工法
その他:
平成25年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」補助金交付物件

間取り図

I邸間取り図1階

I邸間取り図2階

カテゴリー

記事一覧

このページのTOPへ