プラスエナジーハウスについて

X邸のプラスエナジーハウスブログ

X邸の放射冷暖房システム(配管の様子)

X邸の放射冷暖房システム(配管の様子)
こちらは、放射冷暖房システムの配管の様子です。

放射冷暖房システムは、熱源でつくった冷温水を配管で送水することで機能します。
エアコンのような不快な風や音がせず、自然に近い快適な室内環境を生み出すのが特徴です。

よーく見ると、右側の白いパイプには「太陽集熱出口から↓」、
左側の白いパイプには「太陽集熱入口へ↑」と書かれています。

X邸の放射冷暖房システム(配管の様子)
一方こちらは「全熱交換換気システムRDKR」の配管の様子です。
換気による排気熱を回収しながら、室内の空気質をキレイに保ちます。

X邸で採用されている、この換気システム「RDKR」はローターの回転により
排気から給気に熱回収する蓄熱式熱交換器です。

 

RDKR
円形ローターの約半分に排気空気が通過する際、排気の熱(温度、湿度)でローター部分が蓄熱・蓄湿されます。蓄熱、蓄湿されたローター部分が給気側空気通路に入り、給気側空気によってこの蓄熱、蓄湿分が放出されます。RDKRは全熱交換素子を用いて「給気用」と「排気用」の2つのファンにより室内空気が持つ温度、湿度(両者で全熱)の熱エネルギーを逃がさず室内の空気を換気する装置です。

詳細を知りたい方は、こちら(Click!)でご覧ください。

 

このページのTOPへ