プラスエナジーハウスについて

Y邸のプラスエナジーハウスブログ

Y邸の断熱 (壁&天井)

Y邸の断熱工事を担当したのは信越ビー・アイ・ビー株式会社。
今回は写真とコメントをお借りしました。

 

まずは壁の断熱から。

Y邸の断熱 (壁&天井)

壁の断熱は全335ミリ。
(30センチの物差しよりも分厚いのです!)

 

2×10の235ミリに加え、外側に外断熱のグラスウール100ミリを付加しています。
(左側のピンクの部分が不燃構造の高性能グラスウールです。メジャーが「10(cm)」をさしています)

 

そして住宅の耐久性の向上に必要なのが、「防湿フィルム(防湿シート)」です。

Y邸の断熱 (壁&天井)

そしてこちらが天井の断熱。

Y邸の断熱 (壁&天井)

500ミリのブローイング!
内外温度差30℃では室温にはまったく影響をあたえない断熱性能だそうです。

 

家庭の消費電力の中でも大きな割合を占める冷暖房の負荷を出来る限り少なくすることは、
プラスエナジーハウスにとって重要なポイントの一つです。

 

冬は室内の暖かい熱を逃がさず、夏は外からの暑い熱をカットする高断熱構造。
「どの部屋にいても心地よい、快適な室内環境の実現」は、こんなところから始まるのですね。

 

Y邸基本情報

家族構成:
4人家族
(ご主人30代、奥さま、お子さま2人)
場  所:
長野市内に新築。
仕  様:
2階建て地下付き。
その他:
NEDO補助金交付物件

間取り図

Y邸間取り図1階

Y邸間取り図2階

記事一覧

このページのTOPへ