プラスエナジーハウスについて

Y邸のプラスエナジーハウスブログ

プラスエナジーハウスの住み心地とは (お施主さまインタビュー:長野Y邸)

プラスエナジーハウスの住み心地とは (お施主さまインタビュー:長野Y邸)
7月後半の某日。
日本初のプラスエナジーハウスを建築され、現在ご家族4人でお住まいになられているYさまご家族を、
長野にお尋ねしました。毎月の電気料金明細書はこちらのブログ内にてご紹介させて頂いているのですが、
実際の住み心地はどうなのか、気になるところです。

今回ブログ向けにインタビューを行わせて頂きましたので、ご紹介したいと思います。

プラスエナジーハウスに入居されて、初めての夏を迎えられましたね。住み心地はいかがですか?

涼しく快適に過ごしていますよ。

今年は「節電の夏」と言われています。Yさんのご自宅でも、節電を気にかけていますか?

太陽光発電システムのモニターで電気の使用量がすぐにわかるので、
節電意識は高まっているとは思います。

ただ実際は、電力使用量を気にして生活をしているわけではありません。
何といったらいいでしょうか?

家が勝手に「節電」を実施してくれている!という感じかな。

以前のお住まいと比較して、一番改善したと思われることはなんでしょうか?

なんといっても圧倒的に静かなところですね。
きっと遮音性能の高い木製三層ガラス窓を採用し、厚い断熱を施した壁のおかげだと思います。
外の音が全くといっていいほどわからないので、雨が降り始めても、
実際に見るまで気づかないくらいです。

後は、電気代です。当たり前かも知れませんが、これまでは電気は払うもの、
としか考えていませんでした。でも今は、「プラスの収入」があるのです。

これは以前では考えられないことでした。

国内ではエネルギーへの関心が高まっています。
今後プラスエナジーハウスを建てられることを検討している方にメッセージをお願い致します。

プラスエナジーハウスは設備に頼った家ではないので、
単に電力がプラスとか儲かったというだけの話ではありません。

普段の快適さは言うまでもなく、例えば(停電などの)万一の時にもこの快適さが保たれます。
電力の供給がなくても、これだけ断熱をしていれば、暑い夏も寒い冬も快適に過ごせます。
設備に頼った家ではこんな快適さはありません。

断熱や換気は見えにくいところですが、
家にお金をかけるなら、ここにしっかりかけて絶対に損はないと思います。

ありがとうございました。

「断熱や換気は見えにくいところですが、家にお金をかけるなら、
ここにしっかりかけて絶対に損はないと思います。」

というお言葉が、印象に残りました。

Yさま、貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

Y邸基本情報

家族構成:
4人家族
(ご主人30代、奥さま、お子さま2人)
場  所:
長野市内に新築。
仕  様:
2階建て地下付き。
その他:
NEDO補助金交付物件

間取り図

Y邸間取り図1階

Y邸間取り図2階

記事一覧

このページのTOPへ