プラスエナジーハウスについて

N邸のプラスエナジーハウスブログ

横浜プラスエナジーハウス N邸の付加断熱

プラスエナジーハウスにとって、もっとも大切な要素の一つ、「断熱」。

 

 

横浜プラスエナジーハウスで行われた、付加断熱の工事の模様を、施工工務店であるコナラハウスさんより、

レポートしていただきました!

 

 

 

(以下、コナラハウスさんより)

 

新治の森の木の家 着々と進んでいます。

 

 

構造用のパネル  モイスTMが貼り終わりました。
これで家が固まりました。

 

 

 

今回はより省エネ性を高めるため、付加断熱といって壁の中の断熱に加え、モイスの外側にも断熱材を張っていきます。

 

 

 

 

今回使用するのはグラスウールの32K45mm厚の物です。
雨にぬらしたくないので、手際よく作業しなくてはいけません。

 

 

 

その日のうちにコナラハウス定番の3mロングのタイベックを貼ります。

 

 

 
ロングなので建物を2周で完了!
つなぎ目も少ないので防水効果も抜群です。

 

 

N邸基本情報

家族構成:
3人家族
(ご主人30代、奥さま、お子さま1人)
場  所:
横浜市内に新築。
仕  様:
木造2階建て
その他 :
ネット・ゼロ・エネルギー化推進事業 補助金交付物件

間取り図

N邸間取り図1階

N邸間取り図2階

このページのTOPへ